家電を廃棄物として処分するのではなく、リサイクルして利用していこうといった考え方である循環社会を目指して、「家電リサイクル法」ができました。

2001年4月から本格施行となりましたが、その後「パソコンリサイクル法」や「小型家電リサイクル法」などもでき、いまだによく分からない部分もあります。

家電製品を処分するには、それぞれの家電によって決まりがあります。私たちがリサイクル家電について最もよく知っているのが、エアコンやテレビ、冷蔵庫(冷凍庫も含む)、洗濯機(乾燥機も含む)などの特定家電品と言われるリサイクル対象の大型家電です。

この記事では、大型家電のリサイクルの方法とともに、処分の仕方に迷いやすいパソコンや小型家電の処分方法についてお伝えします。

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、循環型社会を目指して2001年から施行されている法律です。この法律は、売り手と買い手がそれぞれの立場でリサイクルをおこなうための費用を負担し合うことが前提となっています。

そのため、販売にかかわる小売店には収集が課せられ、消費者には運搬費用の負担がかかります。そしてメーカーは、その製品を分解して様々な方法でリサイクルします。

家電リサイクル法の根底には、限りある資源を有効に使うことを目的とし、家電商品にかかわる全ての人がお金を出し合って、循環型社会を確立させることを目標としています。

家電リサイクル法やパソコンリサイクル法にかかわらない家電商品は、自治体によって違いますが、処理施設に持ち込めば、無料で処理してもらえることが多く、戸別回収を頼むと有料となることが多いようです。実際に処分する場合は、各自治体の広報などで確かめましょう。

パソコンリサイクル法とは?

パソコンに関係するものがパソコンリサイクル法の対象品目となります。パソコンは粗大ごみなどと一緒に捨てることはできず、メーカーを介して有料でリサイクルすることができます。PCリサイクルマークがついているパソコンならメーカーに依頼すると無料で廃棄してもらえます。

小型家電リサイクル法とは?

この法律はまだ義務ではなく責務とされています。私たちができることは、ホームセンターや電気店に設置されている「小型家電回収ボックス」に持ち込むことです。

家電リサイクル法の対象商品

<大型家電>
大型家電では、エアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの特定家電品がリサイクル法の対象商品で、有料になります。

<小型家電>
小型家電は携帯電話、タブレット、電子辞書、デジタルカメラ、ビデオカメラ、携帯ラジオ、携帯ゲーム機、ドライヤー、リモコン、カーナビ、電気カミソリ、電卓、携帯音楽プレイヤーなどです。

これらはホームセンターや電気店に設置されている「小型家電回収ボックス」に持ち込むことができ、無料で回収してもらえます。
小型家電に含まれる金やレアメタル、鉄、アルミ、銀、銅、は貴重な資源として、利用されます。

<パソコン関連>
パソコン関係では、パソコン、ディスプレイ、ノートパソコンなどで、メーカーを介してリサイクルします。

*中型家電とは、電子レンジや扇風機、掃除機、炊飯器など一辺が50㎝以下の家電製品のことをいいます。

中型家電はリサイクル法の対象外ですが、リサイクルして再利用できます。自治体のゴミ処理施設に持ち込めば、ほとんどの自治体では、無料で引き取ってもらえます。ホームセンターや電気店に持ち込んだ場合、500円くらいの引取料金がかかりますが、新しく買い替える場合は、交渉次第で無料で引き取ってくれることもあります。

家電リサイクル法の商品のリサイクル方法

回収された家電は材料別に鉄やステンレス、アルミ、銅、プラスチック、ウレタンなどに細かく分解され、再利用されます。

・エアコンは冷媒フロンの回収、処理後、総重量の80%以上をリサイクルしています。

・テレビのブラウン管は分割されガラスとしての再利用を、液晶テレビから取り外された基板は、専用処理施設でリサイクル処理されます。
キャビネットは破砕機にかけられ、プラスチック原料として再利用されます。

・冷蔵庫は冷媒回収機で冷媒フロンを回収し、専門処理施設で処理します。冷媒フロンを回収後、コンプレッサーを取り外して切断し、中のモーターを取り外します。

・洗濯機の洗濯槽のボディなどのプラスチックは、粉砕され再利用されます。

不用品回収会社で安く処分ししてもらうこともできます。

まとめ

家電の中でもエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電の特定家電品のリサイクルについては、理解され浸透していますが、それでもケースバイケースで買い替え時には無料で引き取ってくれるお店もあります。

パソコンのリサイクルについてはかなり複雑で、状態のよい新しいものなら買い取ってもらうこともできます。しかし、残っているデータを処理するにはお金がかかります。

身近な小型家電については、ホームセンターや電気店に設置されている「小型家電回収ボックス」に持ち込むだけですむので比較的簡単です。リサイクル法の対象外ですが、中型家電だと持ち込みがかさばる上、有料になります。以上のように複雑ですが、私たちのひと手間で、循環型社会が確立できます。