大型家電の有効利用とごみの削減を推進する家電リサイクル法によって、不要になった洗濯機(乾燥機を含む)は、粗大ごみとして自治体のごみ収集に出すことはできません。

2001年に家電リサイクル法が定められ、洗濯機(乾燥機を含む)、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫も含む)など合わせて4品目が、家電リサイクル法でリサイクル料金と収集運搬料金を消費者も負担することが決まりました。

消費者が負担する洗濯機のリサイクル料金は約3,000円前後で、運搬料金も同程度ですが洗濯機や冷蔵庫などの大きくて重いものは別途料金が発生します。洗濯機のリサイクル料金はメーカー毎に異なり、運搬料金は小売業者ごとに異なるので、依頼する際は比較検討しましょう。

洗濯機は粗大ごみとして出せる?

不要になった洗濯機(乾燥機を含む)は、粗大ごみとして出すことはできません。
家電リサイクル法によって、一般家庭や事務所で不要となった洗濯機(乾燥機を含む)は、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫も含む)など合わせて4品目に関しては、有用な部品や材料をリサイクルして再活用されます。

リサイクルの流れとしては、家電の小売業者は、一般家庭や事務所で不要となった洗濯機(乾燥機を含む)を引き取り、製造業者(メーカー)への引き渡します。製造業者は再商品化のために有用な部分と不要な部分を分けます。

洗濯機の処分方法

○洗濯機を買い替えるときに古い洗濯機を引き取ってもらう
洗濯機を買い替えて、古い洗濯機を処分する場合は、新しい洗濯機を購入する電器店で洗濯機を引き取ってもらうのが一番簡単な方法です。家電製品の小売業者は、買換えの際に引取りを求められた場合、引き取りの義務があります。消費者はリサイクル料金と運搬料金を支払います。

○処分する洗濯機を購入した電器店・家電量販店に引き取ってもらう
新しく洗濯機の買い替えをしなくても、その洗濯機を購入した電器店に引き取ってもらうことができます。家電製品の小売業者は、過去に販売した4品目の家電商品は引き取り義務があります。この際も消費者はリサイクル料金と運搬料金を支払います。

○処分の仕方が分からない時は、市区町村に処分方法を問い合わせる
洗濯機を購入した店舗がわからない場合は、自治体に問い合わせて処分方法を教えてもらいましょう。

○指定の引き取り場所に自分で持ち込む
郵便局て家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)を受け取り、必要事項を記入し、リサイクル料金を支払います。支払い済みの家電リサイクル券と処分したい洗濯機を最寄りの指定取引場所に持ち込むことで、運搬料をかけずに処分できます。

○リサイクルショップで買い取ってもらう
おおむね5年以内の状態の良い洗濯機などは、リサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあります。買い取ってもらえると、リサイクル料金や運搬料金がいらないだけでなく、収入が得られます。

洗濯機の処分にかかる費用の目安

○洗濯機(乾燥器も含む)のリサイクル料金は、2,484円~3,310円が相場です。
運搬料は3,000円ぐらいですが、冷蔵庫や洗濯機などかさが高くて重い家電の場合は、別途3,000円~20,000円ほどが必要になります。
依頼する場合は、別途料金についても確認しておきましょう。

○指定の引き取り場所まで自分で運ぶとリサイクル料金のみで、運搬料はいりませんが、事前に郵便局で、家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)を受け取り、必要事項を記入し、リサイクル料金を支払っておく必要があります。その支払い済みの家電リサイクル券を洗濯機とともに指定の引き取り所に提出します。

○不用品回収業者に引き取ってもらう場合は、リサイクル料金と運搬料金を含めて、8,000円~10,000円の費用がかかります。

山口では、洗濯機を格安処分してくれる業者があります。

まとめ

洗濯機は粗大ごみとして自治体のゴミ収集に出すことはできません。また、リサイクル料金と収集運搬料金を消費者が負担することが義務となっています。洗濯機では鉄やプラスチックが多く再使用されていますが、フロンガスを冷媒として用いている乾燥機能を持つものもあるため、エアコンや冷蔵庫と同様に冷媒フロンの回収もおこなわれています。

家電リサイクル法にそって処分することのメリットを理解しておくことで、面倒くささや料金に関する不満なども少しは解消されます。